2012年12月05日

銘菓処 高千代



奥州市水沢区の吉小路にある銘菓処 高千代さんを訪問してきました車(セダン)ダッシュ(走り出すさま)


店前.jpg


店内にはクリスマスシーズンらしくかわいらしい演出があちこちにあり、思わず楽しくなりましたクリスマス目exclamation×2


ディスプレイ赤.jpg


高千代さんは今年で創業98年目。現在の社長である高橋一隆さんにお話を伺いました。

和菓子も洋菓子も味に定評のある高千代さんは、開業当初はあめや駄菓子を販売していたそうです。


ショーケース和.jpg


その後、二代目で和菓子製造を始め「あんドーナツ」や「くるみ饅頭」が誕生ぴかぴか(新しい)


あんどーなつ.jpg


くるみ饅頭は、香ばしいくるみをのせた白あんのやきまんじゅう。

あんどーなつは、和菓子屋ならではのこだわり飽と しっとりとした生地が相性ぴったり。



3代目のときにカステラやゆべし、今でも人気の「焼石の雪」が発売されました雪


焼石の雪.jpg


「焼石の雪」は、こしあんを入れたアーモンド風味の生地にホワイトチョコをかけたお菓子です。


そして現在の社長が最初に考案したのが「そばおやき」だそうですぴかぴか(新しい)


そばおやき.jpg


厳選した韃靼そば粉と上新粉を丹念に搗いたお餅で、自家製餡のさらっとしたこし餡を包み、黒胡麻をつけて、香ばしく焼き上げています。


仙台で5年間の修行ののち、家業を継いで最初に作った「そばおやき」のときのことを振り返りながら

「がむしゃらで。右も左もわかりませんでしたから(笑)でもなんとか今も店頭に並んでます」と社長は語っていました。


以前に食べた豆大福の薄紫のつぶあんが今でも忘れられないと伝えると、

「『あん』が美味しいのは使う砂糖が上質のものだからです」と教えてくれました。




タンス.jpg

先代が使っていた伝統工芸品の岩谷堂箪笥は、修理されて店内を飾っていますぴかぴか(新しい)






冬の楽しみはやっぱりクリスマスケーキですねクリスマスわーい(嬉しい顔)ぴかぴか(新しい)

みなさんはもうお目当てのクリスマスケーキは予約しましたかexclamation&question


ショーケース.jpg

「クリスマスケーキは例えると『通信簿』のようなもの。

クリスマスシーズン以外の日々の努力がお客様からの評価となって

ケーキの予約をいただけていると思ってますよ」と社長。


なるほど

たしかに、あそこのケーキは美味しかったからクリスマスはあそこにしようって思いますひらめき


高千代さんが作るクリスマスケーキはおよそ850台exclamationすごいexclamation×2

それも年々予約は増えているそうです。

和菓子は社長が担当、洋菓子は社長のお姉さんが担当していますが

この時期は従業員全員でケーキ作りをするため、社長も和菓子職人からケーキ職人に転職するとか。


モンブラン.jpg


こちらは一番人気の「和栗モンブラン」ぴかぴか(新しい)

国産栗を使用したしっとりなめらかなモンブランクリームがサクサクのビスキュイの上にのった触感も楽しいケーキでするんるん


スタッフさん.jpg



高千代さんの店内では喫茶コーナーもあり、あんこ(丹波大納言)、寒天、黒蜜にいたるまで自家製のものを使用したあんみつや、おしるこ、みつまめ のほかに、その場でショーケースからケーキもお選びいただけます喫茶店


テーブル.jpg


地元に密着した高千代さん、ときどき近所の保育園児たちがお散歩しにやってくるのでお菓子をプレゼントしてあげるそう揺れるハート

その日はスタッフも園児の喜ぶ顔が楽しみなんだとかグッド(上向き矢印)




ちょうどこのとき話題に出たのが

京都の与謝野町立岩屋小学校の児童が奥州市内の市民ボランティア団体「奥州♡絆の会」に

栽培したサツマイモ80Kgを託し水沢菓子組合が菓子に加工し、出来上がった1500個の菓子は陸前高田市広田町の小中学校と保育園に届けるというお話でした。(2012年11月29日に届けられました)

芋のおかし.jpg

ボランティアで協力したのは、水沢菓子組合の高千代、パン工房マルキ、ガトージョージ、

柳屋、黄金製パンと、砂糖や卵など材料は地元の取引先から無償で提供されたました。

京都の子どもたちと陸前高田の子どもたちを笑顔で結んだのは、高千代の社長の迅速な行動で実現したそうです。







高千代さんが考える菓子作りはサプライズがあること。

そして菓子で日本の四季を表現したいと、社長は語ります。




年間で最も忙しいのはクリスマスシーズンかと思いきや、実は3月。

ひなまつりは桜餅、ホワイトデーは焼き菓子、卒業式にはケーキ、引っ越しや異動では箱入りギフト商品がよく売れるそうです。


どの商品も「食べてみたい」「贈りたい」と思われる地域に愛される高千代のお菓子。


ぜひ一度味わってみてくださいぴかぴか(新しい)


店内.jpg





(有)銘菓処 高千代

岩手県 奥州市 水沢区 字吉小路18番地
電話/FAX 0197-23-7726 / 0197-23-7729

定 休 日 なし

営業時間 09:30 〜 19:00
posted by 奥州市観光物産協会スタッフ at 08:00| 観光物産情報
▲このページのトップに移動