2011年04月27日

火防祈願祭 〜4/29〜

日高火防祭は300有余年の歴史がありますが

もともと火防祭の本体は6町組の「町印(ちょうじるし)」であり、

トットコメェと呼ばれる「打ちばやし」でした。

今のような豪華な「はやし屋台」が主分の位置についたのは

明治に入ってから。

戦中戦後にはやし屋台の運行が中止された年もありましたが、

町印、打ちばやしのみ神社参拝、係りの人のみ参拝など

火防祈願は欠かすことなく行われてきました。

今年は「日高火防祭」は中止となりますが

町印のみ参拝で祈願祭が開催されます。

(4/29 10:00〜日高神社)

昨年、水沢区中心部の6町(川口町、立町、柳町、大町、横町、袋町)に

それぞれが所有する日高火防祭のシンボル「町印」の

モニュメントが設置されました。

神社を参拝しながら、モニュメントを探し歩くのも

楽しいかもしれませんね!


019.JPG
 袋町組のモニュメント


【水沢公園の桜開花状況 …… 満開】
 




posted by 奥州市観光物産協会スタッフ at 11:44| 観光物産情報
▲このページのトップに移動